二重の申し込みが楽【ダウンタイムが比較】

女性

自分の目で選ぶ

鏡を見る人

二重の手術を検討している人で気になる点は、費用面と二重の整形の医療技術です。ある程度は口コミで把握することが出来ますが、実際にはカウンセリングを受けて自分で判断して手術を受けるクリニックを決定します。

ビギナーが知りたい整形

カウンセリング

二重にしたい場合は整形外科がある総合病院かクリニックに行きましょう。メスを入れる切開と注射の二つのパターンがありますが、切開の方は半永久的に効果があります。ダウンタイムが伴いますが、それが困るなら注射で対処すべきです。

憧れのぱっちりとした目に

目元を触る人

ぱっちりと大きな目の印象を与える二重まぶたは、多くの人にとって憧れです。そのため、病院やクリニックで二重の治療を受ける人が増えています。二重治療の代表的な方法とその特徴、そしてそれぞれの治療法の人気の理由について、わかりやすくお話しします。

まぶたを施術を受ける

美容整形

健康や美容面から、整形術を受けたい場合には、クリニックでカウンセリングを行います。二重まぶたへの憧れなどから、施術を検討するにしても、医師へイメージを伝え、リスクやメリット、施術の流れを知ることが大切です。

埋没法で目元を変える

カウンセリング

二重にする方法の一つに埋没法というプチ整形があります。これは短時間ですみ、腫れも少なく費用も比較的安い整形です。事前に入念なカウンセリングを行ったあとで施術を受けることができます。カウンセリングはメールや電話で予約をすることが必要です。

自分に合った治療をする

目

治療方法は豊富

二重治療では、埋没法と切開法に大きく別けることができます。この2種類の治療方法によって施術方法が異なりますし、費用やダウンタイムにも違いがあります。 埋没法とは特殊な糸を使ってまぶたを縫い合わせることで二重を作る治療方法です。費用としては5万円〜10万円が相場です。この治療方法の特徴の一つとしてダウンタイムが比較的短いことがあります。術後1週間〜2週間もすれば、腫れや赤みなどもひいて、通常の日常生活を送ることができます。切開法は、まぶたの上を切って縫い合わせることで二重を作る治療方法になります。この切開法には全切開法と部分切開の2種類に分けることができます。 ダウンタイムは全切開で3ヶ月〜半年程度、部分切開で1ヶ月〜3ヶ月程度と考えておくと良いでしょう。全切開と部分切開とでは施術範囲が異なりますが、多くのクリニックが全切開と部分切開とでそれほど費用には大きな差がありません。どちらを選んだとしても費用は20万円〜30万円が相場と考えておくと良いでしょう。二重治療といっても治療方法の違いによって費用やダウンタイムが異なります。またそれぞれの治療方法でメリット、デメリットがあるので、それらもよく確認して自分の目的に合った治療方法を選ぶ必要があります。できるだけダウンタイムが短い方が良いという人には、埋没法がおすすめです。この治療方法ではダウンタイムが短いので、ゴールデンウィークや長期休暇を利用して治療を受けることができます。費用が安く、メリットが多いのですが、この治療方法にもデメリットがあります。それは切開法と比べると時間とともに効果が薄れてしまうことです。切開法はダウンタイムが長く、費用が高いというデメリットがありますが、埋没法と比べると持続効果が長いのがメリットです。ただ部分切開ではどうしても部分的な治療となるので、場合によってはくぼんで見えてしまうこともあります。綺麗な二重を作りたい、長く効果を持続させたいと考えるのなら全切開法を考える方が良いでしょう。 費用やダウンタイム、効果の持続力などを考慮した上で、自分に合った方法を選んで納得できる二重治療を受けましょう。