二重の申し込みが楽【ダウンタイムが比較】

女性

憧れのぱっちりとした目に

目元を触る人

治療法の種類と特徴

目の形は、人の外見の印象を決定づける最も重要な要素のひとつです。目の上側を覆うまぶたには一重と二重がありますが、一般的に二重まぶたの方がぱっちりとした大きな目の印象を与えると考えられています。そのため、病院やクリニックで美容整形の治療を受ける人が増えています。二重まぶたの治療には、代表的なものとして埋没法と切開法というふたつの方法があります。埋没法はメスを使用せず、皮膚の切開も必要としない治療法です。医療用の極細の糸でまぶたの内側を留め、二重のラインを形成します。埋没法の手術にかかる時間は数十分程度と短く、手軽に治療を受けることができます。これに対して切開法は、メスを使った本格的な治療です。肌を切開し、余分な皮膚や脂肪を除去した上で縫い合わせて、まぶたをデザインします。切開法では、はっきりとした二重のラインを作り出すことが可能で、治療後は極めて元に戻りにくいという特徴を持っています。また、同時にまぶたのたるみを取り除くことができるメリットもあります。目がぱっちりと大きく見える二重まぶたは、明るい華やかな印象から多くの人にとっての憧れです。しかし、私たち日本人を含む東洋系の人の間では、西洋の人たちに比べて一重まぶたの人の占める割合が多いのも事実です。そのため、美容整形の一般化と普及を背景に、近年では数多くの人が二重まぶたの治療を受けています。二重治療の方法の中でも特に人気なのが、比較的簡単に行うことができ、経済的な負担も小さくて済む埋没法です。埋没法では、治療の際の痛みが少ないことに加えて腫れにくく、施術後の傷跡も目立たないことから多くの人の支持を集めています。一方、本格的な二重まぶたをデザインする切開法でも、医療技術の進歩によって最近では、手術時の痛みや術後の腫れが以前に比べて軽減されるようになってきました。また、治療にかかる費用をできるだけ抑制しようという医療機関側の努力もあり、切開法はより高い効果を求める人たちの間から大きな人気を得ています。美容外科や美容整形の病院・クリニックでは、患者ひとりひとりの希望や個性に合った治療法を提案してくれます。二重まぶたの治療を考えている人は、一度相談・問い合わせをしてみると良いでしょう。