二重の申し込みが楽【ダウンタイムが比較】

女性

ビギナーが知りたい整形

カウンセリング

プチ整形はリスクが少なめ

整形は簡単に言うと「医学的な手段で顔や身体の形を変える」ことです。主に整形外科医に対応してもらう形になりますが、顔や二重を変えようか検討している方は知るべき内容があります。施術したい場合は『総合病院』か『クリニック』へ足を運びましょう。整形外科が該当しますが、なるべく人目に付きたくないなら後者のクリニックを選ぶ方が良いです。理由としては総合病院だと他の科(内科や歯科など)がありますから、人目にも付きやすいと言えます。しかし、個人開業されたクリニックなら他の患者の目を気にしにくいでしょう。更には予約制だと整形外科医と本人、一対一でのカウンセリング・施術になる可能性が高くなります。よって精神的な負担は減ると言えるでしょう。担当する先生は慎重に選んでいくべきです。可能なら施術のレベルが高めな方に対応してもらえれば、リスクやダウンタイムのストレスも軽減してくれます。切開するか注射を選ぶかは患者本人の意志が問われますが、後者の注射で二重にする方がリスクは少なめです。一重から二重にしたい場合、手段として二つに分ける事が出来ます。始めにメスを入れる(切開)ですが、これは少しリスクがともなうのは無視できません。実際は整形外科が患者の目元あたり(小規模の箇所)を切断するだけです。麻酔を打ち、痛みは感じない様に麻痺させます。場合によっては数分で終わる可能性があるぐらいの領域です。これをプチ整形と呼びますが、近年で流行り始めた施術になります。しかし手軽で簡単に終わりやすいプチ整形にもリスクがある為、注意すべきです。切開後に数日後、「ダウンタイム」と呼ばれる期間が訪れます。プチ整形を行った箇所が腫れてしまう症状です。このような様子が出てきた場合は担当した整形外科の指示をよく聞いて、対処していきましょう。基本的には安静にしているば自然に治まる症状です。もしもダウンタイムが困る場合は注射を利用しましょう。ボトックスでも二重に出来る可能性はあります。切開は一切せずに、施術後に腫れる可能性もとても低めです。即効性も目立ち利便性も高めです。